自身の抵抗力が抵抗すると、常在菌であるカンジダ菌による影響を受けることがあります。これは再発性も高いので、事前に対策を練りましょう。

悲しい女性

皮膚や腸内などに常在しているカンジタ属の真菌によって引き起こされる感染症のことをカンジタ症と呼びます。
抵抗力が落ちることによりカンジタ菌が異常繁殖することで発症し、女性だと5人に1人が腟カンジタの経験があるほど身近な感染症でもあります。
腟、口、皮膚に感染することが多く、痒みや痛みを引き起こします。
カンジタ症は基本的に命に関わる感染症ではありませんが、侵襲性カンジタ症では心臓や脳、腎臓や脾臓などに感染が広がり重篤なカンジタ症も存在します。

なぜカンジタで多いのが自己感染なのか?

性病として名前が挙げられることも多く、性感染症と間違われることが多い感染症ですが、実際は性行為などの接触感染は10%に満たないと言われており、感染の最も多い原因は自己感染になります。
体調不良の時など抵抗力が落ちている時に性行為をすることで、カンジタ菌が感染してしまうことは稀にあります。
性行為では女性から男性へうつすケースが多くなりますが、男性は性器を洗うことにより菌を洗い流すことができ一般的には感染しにくいと言われています。

常在菌である真菌なので健康な人であれば問題ないのですが、体の抵抗力の低下によって体内のバランスが崩れ体内のカンジタ菌が増殖することによって発症します。
菌類であるカンジタ菌は高温多湿な場所を好むため、特に女性の膣内で増殖しやすくなっています。
腸に存在している菌が腟に広がることで感染します。
膣内と同じく腸内もカンジタ菌が増殖しやすい高温多湿な環境であり、食環境によってはカンジタ菌が好む糖分が増殖の原因となります。

女性の発症が多い理由に肛門と腟が近いことが原因だと考えられています。
過労やストレス、寝不足や栄養不足によって抵抗力が落ちてしまうとホルモンバランスが崩れてしまい膣内のカンジタ菌が増殖してしまいまうことが多く、カンジタ症の感染原因のほとんどが抵抗力低下によるものです。
生理や妊娠によるホルモンバランスの乱れによって、おりものが増えてしまうことや膣内の洗浄力が落ちることにより菌が増殖してしまうことや、下着の締め付けによって膣内が蒸れ菌が増殖しやすくなることもあります。

また、腟の洗いすぎが原因の発症も少なくありません。
女性は清潔に保とうとして洗いすぎてしまうことがありますが、カンジタ菌の増殖を防ぐ常在菌まで洗い流してしまうことによって発症してしまいます。

膣だけではなく男女共通で腸内や口内や皮膚、爪などでも発症する場合があります。
原因は女性の膣内での自己感染と同じく、睡眠不足やストレス、過労などによって抵抗力が落ちて菌が増えてしまう自己感染です。
薬の服用などによって常在菌のバランスが崩れることによって発症してしまうこともあります。
性感染症と間違われることも多い感染症なのですが、どの部位に発症したとしても性行為などの接触感染することは稀であり感染の原因のほとんどが自己感染になります。

カンジタ症は再発率が高いので注意!

再発率が高いことでも有名です。
治療が終わり症状も治まったとしても、検査ではみつからないほどの菌が腟や口などの患部残っている場合があり、睡眠不足や過労、ストレスなど抵抗力の低下が原因で再び増殖してしまい再発してしまうことがあります。
また、常在菌ですので、腸管などにいるカンジタ菌が移動し再発することがあります。
カンジタが増殖しやすい環境のままだと再発しやすくなってしまうため、ストレスをためない、睡眠をしっかりとるなど生活を見直すことが再発予防になります。
日和見感染でもあるため、症状が軽い場合は自然治癒することもあります。

しかし完全に治らずに繰り返す場合や症状がひどくなる場合には病院で治すことが必要です。
女性は生理や妊娠中のホルモンバランスの乱れや出産後のストレスなどによるホルモンバランスが崩れによって、体内の常在菌のバランスが崩れやすく再発してしまい何度も繰り返してしまいます。
生理周期によって軽いカンジタを繰り返してしまっている人は一度病院へ行き治療することで改善することがあるので、軽いからといって放置せずに一度病院へ足を運ぶことも大切です。
腟などの高温多湿になってしまう環境で増殖しやすいため、化学繊維の下着やジーンズなど蒸れやすい服を着ている場合も増殖し再発しやすくなってしまいます。
通気性の良い下着にスカートやゆったりとした服を着ることで予防になるので、体調が悪い時などは気をつけて通気性の良い服を着て過ごすことも大切です。

性行為で感染することは稀ですが、ゼロではありません。
男性の体内にも常在しているため、男性から女性に感染することもあります。
お互いに移し合う場合もあるため、自覚症状がある場合は性行為をしないようにし、普段からコンドームの使用をし感染の予防をすることも再発予防には大切です。

皮膚や粘膜などにもカンジタ菌が常在しているため、性行為の前後にシャワーを浴びることで感染を予防することができます。
口腔カンジタ症も、ストレスや睡眠不足、過労などによる体調不良が原因となって再発してしまうことがあります。
再発率がとてもたかい感染症になるため、予防するために規則正しい食事に睡眠、ストレスを溜め込まないなど生活を見直すことが必要になってきます。

カンジタ菌は健康な人の体にも常在している

何度か出てきましたが、カンジタ菌は常在菌の一種になります。
抵抗力の落ちた人の膣内や腸内で増えるわけではなく、健康な人の皮膚や腸や口などの消化管、女性の膣内などに常在しています。

常在菌とは、身体に存在する細菌で病原性がないものです。
常在菌はどんな人でも持っている菌というわけではなく、健康な人の身体にも存在する菌です。
カンジタ菌も病原性が低い菌であり、健康であれば免疫や善玉菌によって増殖することなく共存できる菌です。
このような健康なときには感染症を起こさない病原体が抵抗力低下などにより体内のバランスが崩れて感染してしまう感染症のことを日和見感染といい、カンジタもこの日和見感染に分類されます。

感染する場所は膣内だけではなく、陰茎や口内、皮膚や爪に感染します。
皮膚に感染すると皮膚カンジダ症、爪に感染すると爪カンジダ症、カンジダ性爪周囲炎などと呼ばれます。
健康な人の体の中にも常在している菌であるため、体調を崩すなどの原因により自己感染することが多くなります。

特に女性の膣内はカンジタ菌の好む環境であるため少しでも体調を崩したりストレスなどでホルモンバランスが崩れることで普段抑え込まれている菌が増えてしまいカンジタ症を発症してしまいます。
薬の服用によって善玉菌が減り、菌が繁殖することで発症することもあります。
腸内にはカンジタを含む常在菌が多く存在しており、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が腸内フローラを形成していますが、カンジタ菌の増殖によって腸内を荒らしてしまうこともあります。
腸内で増えたカンジタ菌は膣へと広がりカンジタ膣炎にもなってしまうので注意が必要です。

カンジタ菌は糖質を多く含むものやお酒、きのこなどのカビを含むもの、発酵食品などを好むため、菌が増殖しているときにこれらのものを摂取するとさらに菌が増殖してしまう可能性があります。
体調が悪いときや抵抗力が低下していると思うときは意識して甘いものなどを避けることで感染症の予防になります。
常在菌でありほとんどの人の体内に存在する菌であり、ストレスや体調不良などの抵抗力低下によって男女関係なく体内で繁殖してしまう菌です。
繁殖しやすい環境や予防するための方法などを覚えておき意識して生活に取り入れることが大切です。