自身の抵抗力が抵抗すると、常在菌であるカンジダ菌による影響を受けることがあります。これは再発性も高いので、事前に対策を練りましょう。

女性の膣カンジタにはエンペシドが効果的

落ち込んでいる女性

膣カンジタとはカンジダ菌という、健康な人でも誰にでも住みついている身近な常在菌によって膣に炎症が起こる膣炎です。
誰もが発症する可能性があるため、女性の5人に1人は経験する疾患です。
他の常在菌とのバランスが取れている間は何も問題ないですが、何らかの原因によって腟内のpHが変化するとカンジダ菌が腟内で大量増殖し、膣カンジタが発症してしまいます。
膣と外陰部の炎症を合併することも多く、その際は外陰膣カンジダ症とも呼ばれます。

膣カンジタの主な症状は外陰部の痒みと大量のおりものです。
外陰部の痒みは症状が進行するとどんどん強くなり、赤く腫れたり痛みを伴う事もあります。
ただし膣の中の奥にカンジダ菌が感染した場合は痒みの症状は出ない事もあります。
またおりものの異常は特徴的で白く濁ったりカッテージチーズのような塊状になります。
このカッテージチーズ状のおりものは臭いはほとんどなく、もし臭いを伴う場合は他の性病の可能性もあります。

膣カンジタという名前や症状から性病と連想する人も多いですが、実は性行為で感染して発症する事はあまり多くありません。
性行為が原因の場合は全体の10%以下とも言われてます。
ただし膣カンジタを発症している時に性行為を行うとパートナーにうつしてしまう可能性もあるため、必ずコンドームを着用するようにし、明らかに症状が出ている時は性行為自体を控えるようにします。

外陰部の強い痒みやカッテージチーズのようなおりものがある場合は、膣カンジタを発症している可能性が高いです。
膣カンジタは膣内が酸性から中性、アルカリ性へと傾いてカンジダ菌が増殖することで起こりますが、軽い症状の場合は自然に膣内のPHが酸性に戻り、自浄作用により自然治癒します。
ただし一度治ったとしても、腸管にいるカンジダ菌が肛門から膣に感染したり、僅かなカンジタ菌が膣内に残っていて何かのタイミングで活発化する事で再発を繰り返す事があります。

フェミニーナ軟膏でもカンジタの症状を抑えられる

膣カンジタが疑われる場合は病院でおりものを採取し、顕微鏡や培養検査を行ってカンジダ菌を特定します。
膣内洗浄、膣内に薬を入れる治療を行い、外陰部の痒みにはカンジタ用の外用剤や痒み止めの塗り薬が処方される事があります。

また膣カンジタは再発しやすい病気ですが、病院に行かなくても自分で治す事が出来る市販の治療薬もあります。
ただし市販の治療薬を使う場合は、過去に病院でカンジタの治療を受けたことがある人のみと法律でも定められています。

市販の治療薬に含まれている成分には、イソコナゾールやオキシコナゾール、クロトリマゾール、ナイスタチン、ミコナゾールといったものがあります。
これらはカンジタ菌を殺す成分なので根本治療も期待出来ます。

カンジダに効く薬の代表的な市販薬には、まずエンペシドがあります。
エンペシドはクロトリマゾールが有効成分の錠剤で膣の中に直接挿入するタイプの薬です。
水分によって素早く発砲しながら崩壊する発泡剤で、腟カンジダの原因菌であるカンジダアルビカンスに高い抗菌作用を示します。
有効性90.9%、菌消失率92.3%という臨床試験結果も報告されており人気の薬ですが、薬剤師のいる薬局やドラッグストアでのみ、また医師から腟カンジタの診断と治療を受けたことのある人に限り購入出来ます。

また膣カンジタの症状を抑えるという意味ではフェミニーナ軟膏も有効です。
フェミニーナ軟膏はデリケートゾーンの炎症や痒みを鎮めるための薬で局所麻酔成分と抗ヒスタミン成分が配合されています。
膣カンジタを発症すると痒みだけではなく、おりものの量が増えてデリケートゾーンがかぶれたりするのですが、フェミニーナ軟膏は痒みにもかぶれにも効果があります。
肌に優しい低刺激で、薬局やドラッグストアにて誰でも気軽に購入出来る薬です。

サイト内検索
人気記事一覧