自身の抵抗力が抵抗すると、常在菌であるカンジダ菌による影響を受けることがあります。これは再発性も高いので、事前に対策を練りましょう。

性病治療に用いられるクラビットについて

クラビットは、性器クラミジア感染症などの性病治療に用いられている医薬品であり、ニューキノロン系の抗生物質レボフロキサシンを主成分とする合成抗菌薬です。
レボフロキサシンは、病原菌の2重のDNA鎖を切断すると共に再接合する増殖プロセスを促進する酵素の活性化を阻害する事で病原菌のDNA複製を抑制する医薬効果を発揮します。
また、DNA複製後の絡み合う2対のDNA鎖を正常な状態に整える働きを担うDNAトポイソメラーゼIV型の活性化を阻害する医薬効果でも病原菌の増殖を抑制します。
しかし、クラビットは、合成抗菌薬なので頭痛や不眠症、四肢のケイレンなどの軽症の中枢神経系の副作用に加え、腹痛や嘔吐、食欲不振などの消化器系の副作用も発症するケースがあります。
皮膚の弱い患者は直射日光を浴びた事により皮膚に水ぶくれや皮膚の発赤などの症状を引き起こす光線過敏症を発症するリスクもあります。

クラビットは、従来レボフロキサシン力価100mgを1日3回服用していました。
クラビットの殺菌性の抗菌効果が医薬成分濃度依存型薬物なので1日2回~3回に分けて低用量のクラビットを服用するよりも1度に高用量を服用する方が殺菌性の抗菌効果がより高いとされています。
クラビットに対する耐性菌の出現を抑制する医薬効果を得る意味も含め1日1回レボフロキサシン力価500mgを服用します。

クラビットは、500mgの高用量を1度に服用するため肝臓の機能の低下している高齢者や肝臓に持病を持つ患者は腹水や黄疸、浮腫、発熱などの症状が現れる重篤な肝機能障害を発症するリスクが一般的な患者に比べて高くなります。
腎機能が低下している患者はネフローゼ症候群や慢性腎不全などを発症し血中の医薬成分濃度が過剰に上昇してしまい重篤な血液成分の異常や意識障害などを発症するリスクもあります。
クラビットは、服用中に違和感を感じたら速やかに医師に相談する必要があり、医師の指示に従って服薬量を減量する必要があります。

クラビットは性病治療だけではない万能薬

クラビットは、性器クラミジア感染症などの性病に対して高い殺菌性の抗菌効果を発揮するとして性病治療に用いられている医薬品です。
ブドウ球菌や連鎖球菌、炭疽菌などのグラム陽性菌だけで無く、チフス菌やレジオネラ菌、大腸菌などのグラム陰性菌に対しても高い殺菌性の抗菌効果を発揮する万能薬です。
クラビットは、レスピラトリーキノロンと呼ばれる抗菌スペクトルが広い医薬品です。
性病によって引き起こされる急性単純性膀胱炎や子宮付属器炎などの生殖器官系感染症の治療に加え、咽頭炎や扁桃炎、中耳炎、外耳炎、歯周組織炎などの治療にも用いられている万能薬です。

クラビットは、性器クラミジア感染症などの性病治療と同様に大腸菌などの細菌が繁殖してしまった急性単純性膀胱炎や子宮内付属炎、咽頭炎、扁桃炎などの治療もできます。
レボフロキサシン力価500mgを1日1回服用するだけで治療が可能とされています。
肝臓の機能が低下している患者に対しては肝臓への負担を軽減する為に100mg~200mgを1日3回に分けて服用します。
チフス菌によって引き起こされる腸チフスやパラチフスの治療は、レボフロキサシン力価500mg1日1回の服用を14日間継続服用する以外に点滴などの注射剤による治療も行われています。
クラビットは、医薬成分の感染患部への移行性が高く、ニューキノロン系の抗生物質の中でも強い抗菌力を発揮する合成抗菌薬とされています。
ペニシリン系の抗生物質やセフェム系の抗生物質に対してアレルギー症状を発症する患者に対しても投与可能なほど副作用が少ない合成抗菌薬とされ、現在では点滴などの静脈注射剤としても認可されている安全性の高い合成抗菌薬です。